ひこう性脱毛症はシャンプーや育毛剤でピタッと治まるってホント?

ひこう性脱毛症はシャンプーや育毛剤でピタッと治まるってホント?

ひこう性脱毛症は頭皮が乾燥してフケが多く発症し、毛穴をふさいでしまう症状です。
フケが出るのは頭皮に潤いがなくなっている証拠。頭皮が汚れやすいというよりも頭皮の水分量に問題があります。

ひこう性脱毛症になってしまう人とは

ひこう性脱毛症は乾燥肌の人に多く発症します。フケが多く出るということで不衛生な人に発症するのではないかと思われがちですが、毎日シャンプーをしても発症する人は発症します。

フケは表皮に浮かぶ角質細胞の剥がれです。人間の皮がむけて剥がれるのと同じように小さな細胞がはがれているだけですから、本来不潔なものというわけではありません。

しかしフケが原因で頭皮が痒くなったり、感染症を発症することもあるので、フケはかなりマイナスイメージが強いですね。
ひこう性脱毛症は頭皮の水分量の減少が主な原因ですから、保湿さえすれば十分改善が可能な症状です。

まずはシャンプーから改善

ひこう性脱毛症が発症したら、まずは自分が今使用しているシャンプーの成分を改めて検証してみましょう。
保湿力があるものでなければいつまでたっても改善されません。
保湿性の高いシャンプーで言うとアミノ酸系のシャンプーや馬油を配合したシャンプーが人気です。

馬の毛を見てみるとわかりますが、パサついた毛をしてる馬なんてほとんどいません。みんなしっとりした毛並みをしています。
馬油は不飽和脂肪酸が多く含まれていて、それが人間の肌ととても相性が良く、一度吸収すると長時間キープされるという利点があります。
馬油は浸透力があるので角質が剥がれ落ちてしまうのを防ぐことができます。

育毛剤は頭皮の硬化改善成分が配合されていると尚良し!

保湿力のあるシャンプーを選んだら、後は育毛剤選びも重要です。
抗酸化作用のある成分はもちろんのこと、それにプラスして頭皮をやわらかくする成分があればさらにフケの発症を防ぐことができます。

抗酸化作用のある育毛剤は珍しくありません。成分表を見てみるとグリチルリチン酸2K、あるいはグリチルリチン酸ジカリウムなどの記載があるはずです。ただそれだけではまだまだ潤いを保つには不十分です。

そこで注目したいのが硬化作用を阻止してくれる成分。
頭皮が柔らかい人ほどハゲにくいなんて言いますが、それは事実で頭皮が硬い人ほど水分量も不足しています。それは頭皮に存在するたんぱく質が糖に反応して硬化してしまうからです。

その変性を防ぐには植物由来の、ある成分が必要です。それはウメ果実エキス、チンピエキス、マロニエエキス。いち早くこの成分に注目していたのがチャップアップです。チャップアップにはこの成分が3つとも配合されています。ひこう性脱毛症に悩んでいる人はぜひ試して欲しい育毛剤です。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日