キャピキシルに含まれている育毛成分が

キャピキシルに含まれている育毛成分が

薄毛に悩まれている方なら、「ミノキシジル」や「フィナステリド」・「M-034」などの育毛成分の名前を見たことがあるのではないでしょうか。これらは育毛剤にはかかせない成分です。

そしていま新たな成分として注目されているのが「キャピキシル」という育毛成分。今回はその「キャピキシル」について詳しく見ていきたいと思います。

「キャピキシル」は日本製のものではなく、カナダの「LUCAS MEYER COSMETICS社」という化粧品会社により開発されたものです。
主成分は「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」で、この2つが融合したものが「キャピキシル」と呼ばれる成分になっています。

まず、「アセチルテトラペプチド3」。
これは4 つのアミノ酸で構成されている物質で、極めて強力な細胞外マトリクスの修復作用を持っていることで知られています。

指を切断された男性がこの「細胞マトリクス」を指に塗って療養したところ、1カ月あまりで指が完全に復活したという事例も報告されています。

このように「細胞マトリクス」が死滅してしまった細胞に働きかける効果があるので、毛根にも同様の効果が期待されています。これまでAGA治療薬として使用されてきた「ミノキシジル」以上の育毛効果があることも確認されています。

次に「アカツメクサ花エキス」ですが、このエキスに含まれる「ビオカニンA」という成分が薄毛・抜け毛(AGA)の原因である「5aリダクターゼ」の働きを抑制してくれることがわかっています。

禿げは、この「5aリダクターゼ」と男性ホルモンが結合することで発症します。そのことから考えると、「ビオカニンA」は禿げの原因を根本的に抑え、AGAを防いでくれる成分だと言えます。その効果は「プロペシア」にも含まれる、「フィナステリド」と同様だとも言われています。

上記ででてきた「ミノキシジル」も「プロペシア」も、現在育毛に最も有効とされている薄毛治療薬。「ミノキシジル」は発毛促進効果がありますし、「プロペシア」には抜け毛・薄毛の原因を元から抑える効果があります。
「キャピキシル」はこの2つが融合した、今までで最高の育毛効果を期待できる成分なのです。

ちなみに「ミノキシジル」と「プロペシア」には、使用にあたり下記のような副作用が起こる可能性があります。

<プロペシア>
・勃起不全(ED)
・精力減退

<ミノキシジル>
・頭皮の炎症・痒み
・血圧低下
・手・足・顔のむくみ

それに対し、「キャピキシル」には副作用がありません。

なぜなら「キャピキシル」に含まれているのは自然由来の成分だけだからです。「アカツメクサ花エキス」に含まれる「ビオカニンA」はイソフラボンの一種ですし、「アセチルテトラペプチド-3」はペプチドの一種です。

そのため人体に影響を及ぼす副作用は一切なく、どなたでも副作用を気にせず、安全に使用することができるのです。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日