シャンプーについてのありがちな間違い

シャンプーについてのありがちな間違い

頭皮や髪の毛を清潔に保つために、シャンプーは欠かせませんが、正しいやり方を把握していないと、抜け毛や薄毛に悪影響を及ぼす可能性があります。たとえば、より頭皮や髪の毛をきれいにするために1日複数回シャンプーで髪を洗う人がいますが、それは、毛根にも髪の毛自体にもあまり良いことではありません。それはシャンプーすること自体が刺激になり、ダメージになってしまうからです。もちろん過剰な刺激のあるシャンプーの使用は論外で、シャンプーをすることで頭皮が赤くなったりフケが増えたりする場合は、そのシャンプー自体があっていませんので使用を中止しましょう。たとえそれが育毛シャンプーであっても、無理をして使い続けていいことはありませんよ。

また、逆に毎日シャンプーをしないことを抜け毛対策にしている人がいますが、それもあまり意味がありません。日本人の頭髪は1日100本程度が抜けると言われており、その程度の抜け毛なら気にしないに越したことはありません。シャンプーをしないと、本来抜けるべき髪の毛が抜けずに、次にシャンプーしたときに一気に抜けるだけの話なのです。

あと、髪の毛を乾かすときにも注意が必要です。ドライヤーの熱やドライアップの際のタオルなどの物理的な刺激で、髪の毛のキューティクルがはがれてしまうのです。髪のキューティクルがはがれること自体が抜け毛にはつながらないものの、髪の毛が折れたり切れたりすれば、まとまりやツヤがなくなるので、見た目が劣化したように感じてしまいます。髪の毛が生まれたときはキューティクルが6~7層ありますが、ダメージによってどんどんはがれてしまい、30センチほどの毛の先端はキューティクルがゼロのことも。先端がまとまらない、パサつくのはそのせいです。そうしたダメージを想定して、タオルで乾かすときはゆっくりと、ドライヤーもぬるい温度を使うようにするなど、髪の毛のケアに気をつかいましょう。

シャンプーのやり方にもコツがあります。シャンプーブラシなどでやさしくゆっくりと洗い、頭皮に刺激を与えると血流がよくなり、育毛が促進されることがあります。そのほか、指の腹でやさしくツボを押す程度に刺激するのも良いでしょう。自己流で頭皮に刺激を与えるやり方は控えた方がいいかもしれません。

頭皮の下には、毛細血管や皮脂腺、汗腺などさまざまな組織がありますが、これらは柔らかな組織であるため、ブラシで頭皮に刺激を与えすぎると、組織そのものが破壊されてしまう場合があります。また、その場合、代わりに頭皮が固く残ってしまいますので、髪の毛が育つ組織が失われてしまうどころか、髪の発育を促進できない状態になってしまうのです。
くれぐれも、刺激の与えすぎには注意しましょう。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日