シャンプーのやり方を変えて、薄毛・抜け毛対策を

シャンプーのやり方を変えて、薄毛・抜け毛対策を

毎日お風呂に入った時に、シャンプーをやっているかと思いますが、正直適当にやっているというそこのあなた。シャンプーはやり方次第で抜け毛が増えることもあるんです。

シャンプーを流しているときに抜け毛が何本かあったり、排水溝の掃除をしているときに大量の髪の毛が見つかったりしませんか。いつものことと油断していると、いつの間にか後戻りのできないところまで薄毛が進んでしまいますよ。

また、薄毛・抜け毛対策に、その手軽さから取り急ぎ育毛シャンプーを使う人が増えていますが、せっかく育毛シャンプーを使っていても、シャンプーのやり方次第では効果が出なかったりもします。非常にもったいない話ですので、正しいシャンプーのやり方を覚えておきましょう。

正しいシャンプーのやり方

  • STEP1:まず髪を濡らしましょう
    まずシャワーで髪の毛を濡らすことで、髪の毛についた汚れやほこりを取り除きましょう。シャンプーの馴染みもよくなります。また、髪の毛だけでなく指の腹で地肌もあらいましょう。熱すぎる温度だと頭皮の乾燥を招き、皮脂の過剰分泌につながりますので、38度くらいのぬるめの温度でのシャワーをおすすめします。

  • STEP2:シャンプーは直接髪につけないようにしましょう
    シャンプーは適量をてのひらにとり、軽く泡立ててから髪の毛につけるようにしましょう。直接地肌についてしまうと、刺激が強すぎでかぶれや薄毛の原因になってしまうことがあります。また、あまりシャンプーをつけすぎてしまうと、洗い残しの原因にもなるので注意しましょう。

  • STEP3:指の腹で洗いましょう
    髪の毛全体にシャンプーの泡をいきわたらせ、指の腹で頭皮を揉むように洗ってください。生え際から頭頂部に向かって洗うのがポイントです。

  • STEP4:なるべく短い時間で
    シャンプーの洗浄成分は頭皮に対して刺激になることもあります。あまり長い時間をかけず、なるべく1分以内に終わらせるようにしてください。

  • STEP5:すすぎは入念に
    逆に、すすぎには時間をかけましょう。シャンプーの成分が地肌に残っていると、かぶれや毛穴の詰まり、抜け毛の原因になってしまいます。目安は1分30秒~2分ほどかけて、じっくり丁寧にすすぐようにしてください。
    まずはシャンプーを洗い流したら、シャワーを頭皮に当てたまま、サイドから生え際、それから頭部の中心、最後に頭頂部の順に円を描くように優しくマッサージをするのもおすすめ。マッサージを取り入れることで頭皮の血行が良くなり、毛穴に詰まった余分な皮脂などもしっかりと洗い流すことができ、健康的な地肌になります。また、頭皮の血行が活性化することで、抜け毛予防にも効果的です。

    ※2度洗いはしない
    シャンプーをした後は、リンスやコンディショナーをシャンプーと同様に手の平にとり、頭皮ではなく、髪の毛に付けます。コンディショナーも頭皮に付けると刺激になるので付けないようにしてください。数分間放置することで、さらに馴染むので効果的です。シャンプー同様、流しの凝りのないように十分に洗い流すようにしてください。

    まとめ

    まずはシャワーのみで十分に予洗いしましょう。シャンプーを直に頭皮に付けないように、しっかりと手で泡立ててからつけましょう。シャンプーで洗う時間は、長くても1分。シャンプーをすると同時にマッサージもすると、時間がかかってしまいますので、頭皮に負担がかかります。
    また、シャンプーをした後のすすぎ時間は、シャンプーをしていた時間の2倍が目安です。コンディショナーがどうしても頭皮につく場合で、薄毛が気になる場合は、コンディショナーの使用を止めましょう。コンディショナーが髪に少し残ってた方が良いと言う意見もありますが、それ間違いです。必ずきちんと落とし切るようにしましょう。
    正しいシャンプーは健康な頭皮や髪の毛を保ち、抜け毛や薄毛を予防に効果的です。毎日行うシャンプーだからこそ、正しい方法で入念に行いましょう。


  • チャップアップ プランテル ブブカ
    フサフサへの第一歩の育毛剤!
    厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
    安心の30日間全額返金保証!
    通常価格
    14,800円
    通常価格
    9,800円
    通常価格
    22,680円
    定期価格
    9,090円
    定期価格
    6,980円
    定期価格
    11,664円
    保障期間
    30日
    保障期間
    30日
    保障期間
    30日