タバコを吸うと抜け毛に繋がる理由。

タバコを吸うと抜け毛に繋がる理由。

最近はタバコを吸う人も少なくなってきましたが、まだ吸い続けている人もたくさんいます。そんな中でタバコは健康に悪いなどと散々言われているのも事実です。しかし内臓などの部分にもタバコは影響を及ぼしてしまいます。それは髪の毛です。ではタバコと抜け毛の関係について紹介していきたいと思います。

タバコの頭皮への影響

タバコを吸うと、肺が黒くなったり、ガンになりやすかったりします。しかし他にもタバコには悪い影響を及ぼしてしまう要因があります。それはビタミンCを破壊してしまうということです。ビタミンCは肌や成長にはとても重要な役割を果たす栄養素になります。肌の老化にはビタミンC不足がかなり関わっていて、ビタミンCを多く含む野菜などを取らない人の肌というのは、カサカサで悪い環境にあります。そしてこのようなことは頭皮にも起こります。頭皮には、髪の毛一本一本に毛細血管が通っています。この血管から髪の毛は栄養素を受け取っているのです。そしてもちろんビタミンCも受け取り、成長していきます。また頭皮も同じようにビタミンCがなければいい状態にはならないのです。ビタミンCを破壊してしまうタバコは頭皮にとって悪影響だと言えます。

タバコと抜け毛の関係

髪の毛が抜けるとうのは、自然に起こることです。髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、ある程度の長さになると、抜け落ち、また新たな髪の毛が生えてきます。このサイクルの繰り返しで髪の毛は生え変わっていきます。そして1日にして約100本の髪の毛が抜け落ちるとされています。しかしタバコを吸うと、毛細血管が狭まってしまうということが分かっています。髪の毛には毛細血管が通っているので、血管が狭まってしまえば、栄養がなくなり、抜け落ちるという可能性も出てきます。普通ならまだまだ抜けなかった髪の毛も、栄養不足で抜けてしまうようになることもあります。タバコは抜け毛に影響を与えることは間違いないでしょう。

タバコがすべての原因ではない

ではタバコを止めれば、抜け毛が減るか?というとそうではありません。タバコは原因の1つかもしれないですが、抜け毛が増える原因にはさまざまな原因があります。例えばストレスがものすごく溜まっていても、髪の毛に栄養が行き渡りませんし、睡眠不足や、食生活の乱れなども原因になったりします。なので一概にタバコが原因ということはありません。自分の生活習慣を見直すことで改善されていきます。しかしタバコは頭皮、髪の毛にとって悪影響を及ぼすので注意しておきましょう。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日