フケの原因と改善方法

フケの原因と改善方法

フケの原因

フケには大きく分けて「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類があり、それぞれ原因も症状も違います。

乾性フケの原因

乾性フケは、頭皮が乾燥することにより起こるフケ症で、皮膚がはがれてフケとかゆみが発生します。頭皮の水分蒸発を防ぐ必要な皮脂が不足すると乾燥が進み乾性フケになってしまいます。
乾性フケの原因としては、以下の5点があげられます。
1、シャンプーによる皮脂の取りすぎ
2、髪の洗い方
3、パーマやカラーリングによる影響
4、ストレス
5、季節の変わり目

  1. シャンプーによる皮脂の取りすぎ
  2.  シャンプーの中には界面活性剤を使用しているものがあります。界面活性剤を使用していると、洗浄力が強いのですが、皮脂を取りすぎてしまうというデメリットがあります。これは、乾燥が進みやすくなる大きな原因となりますので、なるべく界面活性剤配合のシャンプーは使用しないようにしましょう。

  3. 髪の洗い方
  4.  シャンプー剤や頭皮の状態にもよりますが、シャンプーを1日に何度もしてしまうと、頭皮に必要な皮脂まで除去してしまいます。多くても1日に2回までにすることをおすすめします。また、シャンプー後の洗い残しにも十分注意しましょう。洗浄成分がいつまでも頭皮に残った状態になり、その部分が乾燥してしまいます。すすぎ残しがないように注意しましょう。

  5. パーマやカラーリングによる影響
  6.  過酸化水素という成分がパーマ剤やカラー剤、白髪染めなどに含まれていますが、これが頭皮に悪影響を与えることがあります。人にもよりますが、頭皮の荒れ・かゆみ・乾燥を引き起こすだけでなく、髪に負担をかけてしまうので、抜け毛や薄毛予防のために避けることをおすすめします。

  7. ストレス
  8.  ストレスが溜まると、体内のホルモンバランスが崩れますので、皮脂の分泌量が増減しやすくなります。減ることもあれば増えることもありますが、皮脂が減ると乾燥の原因となってしまいます。

  9. 季節の変わり目
  10.  特に秋~冬にかけて、大気が乾燥しやすく気温も低くなりますので、体温が下がり頭皮の血流が悪くなります。血流が悪くなると、皮脂が正常に分泌されなくなりますので頭皮が乾燥し、フケが発生します。

脂性フケの原因

脂性フケの原因はマラセチア菌というもともと頭皮に住んでいる常在菌が増えすぎることにあります。日常生活においては頭皮に侵入してくる菌から守ってくれる味方ですが、頭皮に皮脂・汗が増えるとマラセチア菌が増殖し、フケが発生し、頭皮に炎症を引き起こします。
脂性フケの原因としては、以下の5点があげられます。

1、糖分や炭水化物の余剰接種
2、シャンプー選びの失敗
3、洗髪方法
4、不衛生な環境
5、季節の変わり目

  1. 糖分や炭水化物の余剰接種
  2.  糖分や炭水化物を多く摂り過ぎると、頭皮に余分な皮脂が発生する大きな原因になります。また、マラセチア菌を止めてくれる亜鉛を消費してしまいますので、余計に悪化する可能性もあります。

  3. シャンプー選びの失敗
  4.  フケ防止のために、間違ったシャンプーを使用しても全く効果はありません。頭皮環境に合ったシャンプーを使用することが大事で、マセラチア菌の対策にはミコナゾール硝酸塩とジンクピリチオンという2つの成分が配合されたものを使用してください。

  5. 洗髪方法
  6.  乾性フケと同じく、洗いすぎには注意しましょう。また、シャンプー後はドライヤーを使用して早めに乾かすようにしましょう。

  7. 不衛生な環境
  8.  枕やシーツを洗濯せずに長期間使用してしまうと、マラセチア菌を増殖させる原因になってしまいます。普段使用する帽子やヘルメットなどにも潜んでいますので、これらは定期的に清潔にするように心がけるようにしましょう。

  9. 季節の変わり目
  10.  特に梅雨から夏にかけて、じめじめした湿度の高い空気は、菌が繁殖しやすい環境です。さらに夏の暑い日には汗もかきやすくなり、皮脂も増えますので、頭皮が不衛生になりやすくなります。

フケの改善

フケの改善にも、フケの種類に合わせた方法をとる必要があります。

乾性フケの改善

  1. シャンプー
  2.  髪や頭皮に負担のかかるシャンプーは、なるべく無添加のオーガニックシャンプーか、アミノ酸系の弱酸性シャンプーを使用するようにしましょう。天然成分なので、自然な洗い上がりですし、仮にシャンプーが頭皮に残ったとしてもトラブルが起きにくいです。また、冬場は乾燥しやすいので保湿成分に優れたシャンプーを使い、マッサージをするとさらに効果アップするでしょう。

  3. ストレスを解消する
  4.  ストレス解消の方法はいろいろとありますが、最近の研究では、読書がストレス解消に効果が高いといわれています。ジョギングやウオーキングなどの運動はもちろんですが、のんびりと読書なんかもいいかもしれませんね。また、食べ物によってもストレス解消ができ、例えばカレーに含まれているクルクミンというターメリックの一種が効果が高いといわれています。

  5. バランスのとれた食事
  6. 野菜不足は肌の乾燥の大敵です。野菜やお肉をバランスよく摂取して、ビタミンA・Cを多めにとりましょう。

  7. しっかりとした睡眠
  8.  いつもどのくらいの睡眠時間をとっていますか?理想の睡眠時間は7時間と言われていますが、個人差があるので多少前後するのはOKと言えるでしょう。重要なのは寝た時間よりも、どれだけ深い眠りをとれたかです。とはいえ、あまり寝すぎるのも考えもの。8時間の睡眠は以上は脳卒中のリスクが上がるので、7時間以内にしてください。

  9. 育毛剤の使用
  10.  洗髪後の頭皮のケアに、育毛剤を使うのもおすすめです。とくに保湿性があるものや、頭皮の炎症を抑える効果のある育毛剤を使うのがよいと思います。

脂性フケの改善

  1. バランスのいい食事
  2.  脂性フケの方は、ビタミンBが不足している傾向にあります。ビタミンBとマセラチア菌に効果がある亜鉛を積極的に摂取してください。また、砂糖や炭水化物の摂りすぎにも注意して、バランスのよい食事を取るよう心がけましょう。

  3. 清潔にする
  4.  マラセチア菌を抑制するために、枕などの寝具やほかの身に着けるものを清潔にしましょう。

  5. 育毛剤の使用
  6.  髪や頭皮に栄養を与えるだけでなく、マラセチア菌によってダメージを受けた髪や頭皮の炎症をおさえるなど、フケ・かゆみ対策に役立ちます。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日