プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

プロペシア

プロペシアは有効成分フィナステリドを含有する男性型脱毛症治療薬です。男性専用の治療薬なので女性の方は服用できません。フィナステリドは、男性ホルモンによる脱毛症の原因を抑制して髪の毛が薄くなるのを防ぎます。
フィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンへと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

テストステロンの作用 ジヒドロテストステロンの作用
  • 生殖器の増大
  • 性欲の増加
  • 精子生成量の増加
  • 骨格・筋肉の成長
  • やる気、行動力の増進
  • 薄毛
  • 体毛の増加
  • 精力の減退
  • 前立腺が肥大
     
  • プロペシアの副作用

    下記の症状がみられる可能性があります。

  • 肝機能障害(食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜の黄変)
  • プロペシアに限ったことではありませんが、医薬品の服用によって肝臓の機能が障害されることがあります。この状態を「薬物性肝障害」といいます。
    薬物性肝障害が起こると全身のだるさ食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気・嘔吐、かゆみなどの症状が、急に出現したり持続したりします。

  • 生殖器への副作用(性欲減退・勃起機能不全など)
    1. 性欲減退(国内の臨床試験では1.1%
    2. 性欲が減退することでEDが発症することもあります。

    3. 勃起機能不全(国内の臨床試験では0.7%
    4. インポテンツ・EDの症状です。

    5. 射精障害(国内の臨床試験では1%未満
    6. 射精障害には、「膣内射精障害」「早漏・遅漏」「逆行性射精」「射精反射がない」等があり、膣内射精障害が最も多くみられています。

    7. その他
    8. 頻度は不明ですが、下記のような報告があります。
      睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)
      ※服用中止後に、正常化又は改善されたとの報告があり

    プロペシア服用のリスク

    プロペシアの副作用は全ての医薬品で起こり得る「肝機能障害」と発症確率の低い「生殖器への副作用」なので、恐れる程の副作用はないと考えられます。
    しかし、副作用がまったくないと誤った解釈をしてはいけません。

    プロペシア 価格の目安
    約5,500円:1mg×28錠(アメリカ版)
    約11,00円:1mg×28錠(ニュージーランド版)
    約14,500円:1mg×30錠(US版)

    副作用の心配がない育毛剤


    チャップアップ プランテル ブブカ
    フサフサへの第一歩の育毛剤!
    厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
    安心の30日間全額返金保証!
    通常価格
    14,800円
    通常価格
    9,800円
    通常価格
    22,680円
    定期価格
    9,090円
    定期価格
    6,980円
    定期価格
    11,664円
    保障期間
    30日
    保障期間
    30日
    保障期間
    30日