亜鉛やタンパク質を取りすぎると禿げるのか?

亜鉛やタンパク質を取りすぎると禿げるのか?

特に男性にとっては、髪の毛が薄くなり始めると、原因をあれこれ探したくなります。時々噂になるのが「亜鉛の取りすぎで禿る」「タンパク質を取りすぎると禿る」という物です。
しかし、亜鉛やタンパク質の取りすぎが原因で禿げるという事はありません。

偏った食生活・サプリメントでの過剰補給はNG

特に、現代の日本のように、普通の食生活を送っていれば栄養失調に陥らないような社会では、まず、亜鉛やたんぱく質が薄毛に影響するという事はないでしょう。
もちろん、偏った食生活や、サプリメントで亜鉛やたんぱく質を過剰に補給するのは内臓に負担をかけるという意味で、やめた方が賢明です。しかし、この2つの栄養素は、薄毛にはほとんど関係ないと言ってよいでしょう。

誤った解釈がされている

ではなぜ、このような噂が時々ささやかれるのでしょうか。考えられる事として
「タンパク質から男性ホルモンは生成する」→「過剰な男性ホルモンが禿げを引き起こす」
という事を、誤った解釈に取ったものだと思います。亜鉛に関しても
「亜鉛は元気パワー(精力)の源」→「精力の強い男性は禿げている傾向がある」
というのを、誤った方向に解釈したのだと思われます。

確かに男性ホルモンは、タンパク質がないと生成されませんが、体内にタンパク質が多くあるからと言って、多く男性ホルモンが生成されるわけではありません。体内の男性ホルモン量を感知し、血中濃度が高くならないように調節して、適量の男性ホルモンを合成します。亜鉛は、肝臓の働きを助けるという意味では、若々しさを保つ栄養分であるといえます。

さらに、男性ホルモンに限らず、各種の体内のホルモンの合成は、亜鉛などの微量元素が必要です。ただ、亜鉛が多いからと言って、男性ホルモンが多く作られる訳ではありません。亜鉛自体は、頭皮に特に何らかの抜け毛作用を及ぼすものではありません。

ただ、体内の男性ホルモンの量と、禿げやすさに関連性があるのは事実のようです。また、禿げやすさは、遺伝にも関連があるといわれています。亜鉛やタンパク質を取りすぎても、禿げやすくはならないという事です。禿げたくないのであれば、別の方面からの育毛アプローチを検討するのが良いと思います。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日