低価格なジェネリックの育毛剤の安全性について

低価格なジェネリックの育毛剤の安全性について

昔と比べ、今ではジェネリック医薬品の認知度が高くなってきました。薬局などでも気軽にジェネリック医薬品が販売されていますし、調剤の際にもジェネリック使用の希望を聞かれることもあります。そんなジェネリック医薬品には、育毛に関する商品もあることをご存知でしょうか。

有名なところで言うと、あのプロペシアにもジェネリック医薬品があります。

プロペシアは薬としての権利がまだあるのにどうしてジェネリック医薬品があるのかというと、国によって医薬品の権利がないところがあるからなのです。

例えばインド。インドでは薬としての権利が切れていないものでもジェネリック医薬品の製造が認められています。

そういった理由で、発毛に関わるジェネリック医薬品を手に入れることもできるのですが、それらには本当に問題はないのでしょうか。今回はその疑問にお答えします。

まず、通常の医薬品とジェネリック医薬品に入っている成分は同じです。

プロペシアの有効成分は「フィナステリド」というものですが、発毛効果以外にもこれは前立腺肥大症の改善作用がある成分でもあります。フィナステリドが配合されている医薬品には、5αリダクターゼの抑制効果があります。もちろん、ジェネリック医薬品にもしっかりとフィナステリドが含まれています。

プロペシアと並んで知られるミノキシジルは、血圧降下剤として製造されましたが発毛効果もあり、そのことで発毛剤として使われています。ミノキシジルが血管を拡張して血行をよくしてくれるので、毛母細胞に酸素や栄養がいきわたるようになります。こちらもジェネリック医薬品でも同じ成分が配合されています。

配合されている成分が同じなので、効果も同様なものが得られるというのは当然のことですね。と、なれば値段が安いのでジェネリック医薬品を利用したほうがお得のように思えます。

しかしジェネリック医薬品は、安全性が確立されていません。

ジェネリック医薬品の中には偽薬が紛れ込んでいる可能性があります。前述したように有効成分が同じように含まれているのは間違いありませんが、細かく調べてみると含有量が違うこともあるのです。

表記上はフィナステリド1.0mgとなっていても、実際は0.7mgだったり、逆に1.2mgだったり…こういったケースは多数報告されています。

表記よりも容量が少ない場合には効果が得られにくいですし、容量が多ければ副作用の危険性が高まります。

このようなリスクがあるので、ジェネリック医薬品の利用は完全におすすめできるものでもありません。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日