個人輸入で買える育毛剤はどんなものがあるの?トラブルの心配は?

個人輸入で買える育毛剤はどんなものがあるの?トラブルの心配は?

個人輸入では、日本で購入できない育毛剤が購入できたり、日本でも販売されている育毛剤を安く購入できる場合があります。
個人輸入で手に入れることにより、海外で使用されている製品を手に入れることができるのです。
海外では認可されている製品でも、日本では薬事法の基準により認可が下りないことも実際にあるのです。

個人輸入で一番有名なのがロゲイン

ロゲインはアメリカの会社が開発した、ミノキシジルが配合してある育毛剤です。ロゲインは、現在アメリカの会社でしか販売されていないため普通の通販でも購入できますが、価格が安いということで個人輸入で手に入れている人もいるようです。発売した当初は、ミノキシジルの成分は2%しか含まれていませんでしたが、今は5%も配合されているので、ロゲインの育毛剤を使用している人も多く見られます。

個人輸入で購入した場合、通常よりも格安で購入できるということで、個人輸入で購入する人も増えてきているのです。また、最近ではプロペシアの個人輸入も多くなっています。日本ではプロペシアは薬局などで販売しておらず、正規に購入する場合は医師の処方箋が必要となります。プロペシアはEDの治療でも知られていますが、育毛効果や発毛の効果もあるといわれています。育毛剤というよりは錠剤といった感じで、薬として育毛や発毛の効果を感じていくものとなります。

個人輸入のメリットデメリット

個人輸入で育毛剤を購入する場合のメリットは、価格が安いことと、海外でも効果があることを知られている商品を使えることです。
もちろん価格が安いということでまとめ買いを行う人も多いのですが、海外の製品も使ってみたいという声は多く見られます。

個人輸入ということで、デメリットはもちろんあります。
個人輸入で購入した育毛剤は、副作用などが出てしまうことも多いといわれることがあります。海外などで効果があるとはいえ、文化や食生活が違うことで日本人には合わないことも考えられるからです。もしも、個人輸入で購入した商品で頭皮トラブルになってしまった場合、保証をしてくれるところはありません。安全が保障されていない代わりに、安く購入できると思っておいた方が良いでしょう。安さを取るか、安全性を取るかは購入する人にかかっていることですが、個人輸入での育毛剤を使用することはオススメできません。

まとめ

日本でも販売されている商品を、個人輸入で安く購入することは良いかもしれません。
しかし、日本で販売されていない育毛剤を、安いからといって安易に購入することはあまりオススメできません。
頭皮トラブルが起きてしまった場合、頭皮の環境が余計に悪くなってしまうことで、脱毛症の症状が酷くなる場合も考えられますので注意しましょう。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日