抜け毛の主な原因とその仕組みについて

抜け毛の主な原因とその仕組みについて

AGAについて

AGAという言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近ではCM等でも使われていますが、AGAは「男性型脱毛症」のことで、男性ホルモンによる抜け毛のことを指し、その原因としては男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)によるものであるとされています。

典型的なAGAの症状として、いわゆるM字ハゲやO字ハゲがありますが、これはDHTが毛母細胞(髪の毛の成長につながる細胞)を委縮させる作用があり、しかも前頭部、頭頂部などの局所的に集中しやすいために起こるものです。毛母細胞は老化によっても退化しますが、完全に働きをやめてしまうと毛髪が抜け落ちることにつながってしまいます。せめて、DHTが原因の場合は何とかして改善したいものですね。

※コラム:ジヒドロテストステロンについて
ジヒドロテストステロンはホルモンの一種ですが、これはαリダクターゼという酵素によってテストステロンが変換される事で生成されます。最近の研究ではこのジヒドロテストステロンが、髪のサイクルを乱す大きな原因になっているのではないかと言われています。

また、ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きを阻害しますが、必ずしもすべての毛母細胞に対してこのような作用を持つかというと、そうとも言い切れません。毛母細胞にある受容体というものが男性ホルモンの影響を受け入れると考えられていますが、これには個人差があると考えられていて、受け入れる容量が少なければ、たとえ男性ホルモンが大量に分泌されてもその影響も最小限に抑えることができるのです。

AGAの原因

AGAの原因としては遺伝的な要素が強いとされています。有効な医療成分としては病院でも処方してもらえるフィナステリド、ミノキシジルが挙げられます。

また、ストレスも抜け毛との因果関係があると言われています。とはいえ、日常生活において全くストレスのない生活を送ることは難しいと思います。仕事でイライラすることがあったり、家庭で気疲れしていたりして、慢性的にストレスを感じ続けると、男性ホルモンが大量に分泌されるようになり、これが抜け毛につながっているのではないかと考えられています。そんな悩みをお持ちのあなたには「ヘッドスパ」をお勧めします。ストレス解消になりますし、頭皮がさっぱりして、よいリフレッシュになりますよ。

他にも、喫煙が原因で抜け毛や薄毛が進行することも報告されています。タバコに含まれるニコチンの作用によって血管が収縮し血流が悪くなり、髪の毛に必要な栄養素が供給されずに弱々しいしい髪の毛や抜け毛の原因になるといわれています。

あとは、食生活も抜け毛の大きな原因となり得ます。髪の毛に対してもたんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養素が必要ですが、好きなものしか食べない、野菜を食べないなど、食生活が乱れがちの方は栄養バランスに注意した食生活を送ることを心がけましょう。

まとめ

以上、主に男性に見られる一般的な抜け毛の原因を挙げてきました。当然のことながら、抜け毛の原因は人それぞれです。抜け毛によって髪の毛が薄くなると、老けて見られたり自分自身に自信がなくなってしまいます。

生活習慣の改善や育毛剤の使用によって、自力で改善できることもありますが、男性ホルモンが原因の抜け毛などは、なかなか自分の力だけで改善することは難しいと言えます。そんな時はやはり病院などの医療機関を活用し、何が原因で抜け毛が起こっているかをしっかりと見極めることから始めましょう。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日