現代社会とストレス、若禿げの関係

現代社会とストレス、若禿げの関係

現代社会が生み出した深刻な社会問題のひとつに「若禿げ」が挙げられます。若禿げとはその名の通り、若くして禿げてしまうこと。実はこれには日本の社会ならではの要因が深く関わっていると言われています。

最近多いのは、大学を卒業して社会人生活を始めたと同時に徐々に抜け毛が多くなり、薄毛になっていくというケース。こういう方は、気づいたときにはもう禿げがだいぶ進行してしまって手遅れになってしまいます。

ではなぜ大学を出て社会人になったとたんこういったことが起こるのでしょうか。

まず一番の原因だと考えられるのは「精神なダメージ」。

学生と社会人では悩みの質が異なります。学生時代の悩みの大半は、勉強や恋、部活動などの悩みだったと思います。もちろん深刻な悩みもありますし、個人個人で違うものなので一概には言えません。ですが社会人の悩みよりは、深刻でないことがほとんどです。

一方、社会人になるとその行動には常に「お金」と「責任」が発生するようになります。自分と合う合わない関係なくかかわる人間も無条件に増えていきます。特に近年は稀に見る不景気なので、新社会人だからといって甘く見てもらえることも少ない状況です。
若くしてリストラと戦うことになったり、慣れない仕事で残業続きになる、失敗して上司に怒られる、顧客とソリが合わない、満員電車で疲労する…など様々なストレスが降りかかってくるようになるのです。

さらに社会人とはステータスが重視されるものです。良く耳にすると思いますが、「勝ち組」「負け組」などといった区別もあります。
学生時代は勉強ができれば大学名で評価されたり、所属している組織によって評価されることが多いと思います。ですが社会人になるとそんなものはあまり関係なく、自分自身がどういう行動をするか次第で、ステータスが変動します。
たとえ二流、三流と呼ばれる大学を出ていたとしても、営業力が抜群であれば、一流大学を出た人よりも出世しますし、社会とは完全な競争社会なのです。

酷ですが事実として、年収が多ければそれだけ裕福な生活ができますし素敵な女性と結婚できる可能性も高くなります。年収が低く、ローンも組めず毎日の生活だけで必死な状態では、理想の結婚相手はなかなか見つかりません。
さらに解雇された、契約社員になってしまったなどといったことがあれば、余計に世間的にはステータスが劣っているとみなされてしまいます。

このように社会人になると、守らなければいけないものが増え、ステータスを守るためにストレスや不安と戦わざるを得なくなってしまいます。
そんな日々は、だんだんと精神と身体を蝕んでいってしまいます。

そして、若禿げはそういった精神的なストレスが生む副産物。

若禿やAGAは遺伝や男性ホルモンの体質だけが原因ではなく、精神的な疾患によって自律神経の働きが乱れ、発毛サイクル狂ってしまうことも原因なのです。

頭頂部や行動部に円形の10円禿げができるのは、ストレスによる禿げの典型的な症状です。

ですが落ち込むのは早計です。なぜかというと、こういった禿げであれば、ストレスを解消することにより脱毛症が改善するからです。ストレスがなくなればほとんどの場合、脱毛の症状は改善されます。育毛剤や発毛医療に頼る必要はありません。まずは脱毛の原因を探ることが一番大事です。

ただし、重度の円形脱毛症になると、なかなか治りませんしストレス以外の要因が影響している可能性もあります。こういった場合はクリニックで適切な治療を受けるようにしましょう。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日