男性型脱毛症を治すなら副作用覚悟で治すしかない?

男性型脱毛症を治すなら副作用覚悟で治すしかない?

頭頂部やM字部分が薄毛になる、男性特有の薄毛の症状を男性型脱毛症と呼びます。
軽度の症状ならすぐ改善する可能性がありますが、中等度、あるいは重症になると数年単位での治療が必要になります。
AGAの治療法や治療による副作用についてご紹介します。

男性型脱毛症とは

男性型脱毛症は生理的な現象なので「治療を施してもあまり改善が見られない」という声も聞かれます。
確かに50代や60代の方が治療しても本来兼ね備えている発毛力が弱くなっていますから、一時的に改善されても再び薄毛が進行してしまうでしょう。

しかし30代や40代で男性型脱毛症が発症した時も諦めなければいけないのでしょうか。
同年代が髪の毛フサフサという現状を考えれば、個人差はあるもののまだまだ発毛するのに十分な年齢と言えます。
男性型脱毛症は策定委員会が発足されるほど密に話し合いを行ってきた症状です。

そこで出された有効な手段はDHTを抑制すること。
DHTとはジヒドロテストステロンのことで、悪性の男性ホルモンを指します。
悪性の男性ホルモンを阻止するには、どの成分が良いか数多くの検証が行われてきました。

男性型脱毛症に有効な成分とは

「男性型脱毛症診療ガイドライン」を制作した策定委員会は、皮膚科の先生や大学の教授が集まって共同で治療法を研究した由緒ある組織です。
そういった専門家達が導き出した答えはフィナステリドを1年間使用すること。

フィナステリドとは、DHTを抑制する成分です。
フィナステリドを体内に摂取し続けることで徐々に悪性の男性ホルモンが減少するという結論を導き出しました。
このフィナステリドという聞きなれない成分ですが、日本では内服薬として使用されているプロペシアに配合されています。

専門家が推奨している内服薬を飲んで治るなら人気が出そうなものですが、実際あまり使用しているという話は聞きませんよね。
その理由として副作用が気にする人が多いという現状があります。

副作用が気になる人は育毛剤から

プロペシアを服用することで副作用が起こる可能性があると報告されています。
具体的な症状としては肝機能障害、勃起不全、精液量の減少、精液の質低下、乳房肥大、蕁麻疹、血管浮遊などが挙げられます。
例えば風邪薬のようにちょっと眠くなったり、だるさが出る程度なら良いのですが、精液の質低下などちょっと怖い副作用もありますよね。

一般の薬ではあり得ないような副作用のリスクがあるので、あまり世間に浸透していないのが現状です。それだったら体にリスクのない安全性のある育毛剤を使用しようとなるわけです。育毛剤を使用するならフィナステリドと同様にDHTの抑制作用があるものを選びたいところです。

イソフラボンやM-034エキスなどが配合されている育毛剤であればプロペシアほどではないにしろ、似たような作用が期待できます。ちなみにイソフラボンやM-034が配合されている育毛剤と言えばチャップアップが有名です。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日