育毛剤、養毛剤、発毛剤の違いとは

育毛剤、養毛剤、発毛剤の違いとは

薄毛で悩んでるあなた。
今まさにこの記事を読んでいるあなたです。
これから、あなたの頭皮が劇的に蘇るかもしれない秘訣をお教えします。

まずは、こちらをお答えください。
「あなたが使っている薄毛対策のヘアケア商品は、養毛剤ですか?育毛剤ですか?それとも発毛剤ですか?また、その違いも答えなさい」

それでは正解を発表します。
自分が使ってるヘアケア商品については、パッケージを見ればわかりますよね?
ここでは、養毛剤、育毛剤、発毛剤の違いを解説していきましょう。

養毛剤は予防用

養毛剤の主な効能は、抜け毛予防です。
栄養成分、保湿成分をはじめ、皮脂やフケを抑制する成分が含まれているのです。
直接、髪が生えてくる様なものではなく、頭皮の汚れを最小限に食い止め、育毛環境を整えるような商品だといえるでしょう。
主に女性の薄毛対策用の化粧品として売られていることが多いです。

育毛剤は髪を鍛える!

育毛剤に含まれる成分は、髪の成長を促進するものばかり。
髪を鍛えるために、血行を良くする成分も多分に含まれていることが多いです。
血行が良くなると、新陳代謝や毛根への栄養補給が活発になり、老廃物の除去も頻繁に行われます。
結果として、頭皮の環境が良くなるため、いい髪が育つというわけです。

ただ、問題が一つ。
養毛剤にくらべ、育毛剤は刺激が強いため女性が使う場合は注意が必要なのです。
もちろん、女性用の育毛剤もありますが、頭皮が痛むようなら養毛剤に切り替えるのが得策です。

発毛剤は無いものを作り出す

名前である程度の想像はつくと思いますが、発毛剤は抜けた髪をもう一度生やすことに主眼を置いた商品です。
養毛剤や育毛剤と違って、維持が目的ではないので、薄毛対策としてはパーフェクトの回答を示してくれるのがこの発毛剤。
ただし、効き目が強いということは、デメリットが存在することでもあります。
発毛剤のデメリットは、副作用を持つものが多いという点。
頭皮が痒くなるなど、薄毛から脱出するのに大きな障害となる副作用もあるので、発毛剤には医薬品に分類されるものもあります。
効果は、他のどれよりも期待できますが、医師や薬剤師に相談してから手を出すようにしましょう。

間違えた選び方

さて、あなたは正解したでしょうか?
頭皮が劇的によみがえるかもしれない秘訣、それは自分に合ったヘアケアを行うことだったのです。

もし間違えてしまったのなら、すぐに薬局へ行き、自分の頭に合ったものがないか尋ねましょう!
自分の頭に合ってない商品を使っていたら、あっという間にハゲます。
今より幸せになりたいなら、今動くしかありません!
いってらっしゃい!


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日