育毛剤で、薬用とは、医薬品と医薬部外品があるけど、違いは?

育毛剤で、薬用とは、医薬品と医薬部外品があるけど、違いは?

薄毛を気にし始めると、ドラッグストアで育毛剤コーナーが目についてしまいます。
どうしても気になって、ちょっとだけ眺めてみるのですが、やれ薬用だ医薬品だ、医薬部外品だと、いったい自分の症状に対して、どの育毛剤を使ったらいいものかわからず、何もしないままお店を出てしまうことも度々あることでしょう。
しかし、何もしなければ、何も起こりません。生え際だけが、ただただ後退する一方です。
ここはドンと腰を据えて、薬用と医薬部外品、医薬品との違いを勉強するいい機会だと思いましょう!
自分にぴったりな育毛剤を、自信をもって選ぶことができれば、後退を抑えるどころか、フッサフサの髪に戻れるかもしれないわけですから!

医薬品と医薬部外品の違いは?

そもそも、育毛剤というものは薬事法上、医薬部外品と医薬品のどちらかに含まれています。
これより下のものは化粧品に含まれ、主に養毛剤として売られているものがそれに該当します。
さて、育毛剤が属している医薬部外品と医薬品ですが、それぞれどんな差があるのでしょう。

医薬部外品

まずは医薬部外品ですが、言ってみれば効果において化粧品と医薬品の中間くらいの影響を人体に作用させるものです。
医薬品と違って、効果は緩やかに作用するので、安全性が高いのもその特徴。
化粧品と違って、予防効果を謳えるのもひとつの特徴です。
販売方法に規制がないので、スーパーやコンビニ、ネット通販でも取り扱っているため、普及率は医薬品に比べてはるかに高いといえます。

医薬品

医薬部外品と違い、予防というよりは治療に主眼を置いた製品です。
そのため、はっきりとした効果が期待できる反面、使い方を間違えると悪影響を及ぼす危険性もあります。
また、副作用の可能性もあります。
購入するときは、医師、薬剤師に相談の元、用法用量をよく守って使用しましょう。
ちなみに、現在国内で販売している医薬品の育毛剤はリアップだけです。

薬用

薬用=医薬部外品です。
なので、薬用の育毛剤には全て医薬部外品と書かれているはずです。
薬用と書かれていない医薬部外品もありますが、名前の響きや、売りがどこにあるのかの差で企業が決めていることだそうです。
そんなものはないとは思いますが、万が一薬用の製品が医薬部外品と書かれていなかったら薬事法違反となりますので、買わないようにしましょう。

フッサフサになるには!

まず、医薬部外品、医薬品に含まれないものを買うのはやめましょう。
せいぜい予防という意味で効果がある程度かと思われます。
薄げになってしまったのなら、自信を持って医薬品、医薬部外品を購入しましょう!


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日