脂漏性脱毛症になった人が知っておきたい3つのこと!

脂漏性脱毛症になった人が知っておきたい3つのこと!

脂漏性脱毛症になったら頭皮のケア、食生活の両面から対応しないと、いつまでたっても改善されません。
それぞれ具体的にどんな対応をしていけばよいのかご紹介しましょう。

脂漏性脱毛症になりやすい人の食生活とは

脂漏性脱毛症は毛の近くに存在する皮脂腺と呼ばれる腺から多くの皮脂が流出し、表皮を覆ってしまう状態を指します。表皮を覆うことで肌が赤みを帯びたり、炎症を起こしたり、毛穴を塞いで抜け毛が多くなってしまうことがあります。皮脂の流出が激しい人は食生活が原因になっている可能性があります。

皮脂の流出に大きく関係してくるのはコレステロールや中性脂肪といった脂肪分。食材で言うと卵やいくら、牛肉、豚肉などがあります。また調味料系でも多いので脂分の使用が多いハンバーガーやフライドポテトなども注意が必要です。コレステロールや脂肪の多い食材をリストアップし、できるだけそれらを控えるような食生活を心がけたいところです。

ただし脂肪なら何でもダメというわけではありません。血液中で固まることなくサラサラしている脂肪酸も存在します。マグロやサバ、ブリなど脂肪酸を含んだものは不飽和脂肪酸と呼ばれ、血栓の出来にくい脂肪です。これらの食材は安心して食することができます。

皮脂の流出は過剰に防ぐ必要はない?

表皮に覆っている皮脂は完璧に取り除く必要はありません。むしろちょっと表皮に皮脂があったほうが潤いが出て髪を清潔に保つことができます。逆に皮脂を完璧に取り除いてしまうような洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと、頭皮がカサカサになって皮脂の分泌が不足していると脳に信号が送られ、皮脂の流出が止まらないということになりかねません。

石鹸系のシャンプーや石鹸系シャンプーなどちょっと成分の粗いシャンプーは洗浄力重視で過剰に皮脂を取り除いてしまう危険性もありますから注意が必要です。ちょうど良い洗浄力を兼ね備えているシャンプーはアミノ酸配合の物です。初めて使うとちょっとスッキリ感やさっぱり感では劣るかもしれませんが、程よい洗浄力で皮脂量の安定に役立ちます。

育毛剤は抗炎症作用が多いものを選ぶ!

脂漏性脱毛症の方が育毛剤を選ぶときは、「抗炎症作用」と書かれた成分が出来るだけ多く入っているものを選びましょう。また抗アレルギー作用があるものも良いかと思います。痛みやかゆみを与えないので、脂漏性脱毛症の方が使っても違和感なく使用することができるでしょう。

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ジカリウムが入っていれば毛穴や粘膜に影響を与えないので皮脂腺を刺激することもありません。更なる脂漏性脱毛症の悪化を防ぐことができます。グリチルリチン酸2Kやグリチルリチン酸ジカリウムが入っている育毛剤はブブカ、プランテル、チャップアップが有名です。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日