自毛植毛って実際どうなの?

自毛植毛って実際どうなの?

自毛植毛とは、自分の髪の毛を、薄くなったところに毛根ごと移植するという手術になります。結構大掛かりな手術となりますが、今薄毛治療でも注目されている方法になります。では自毛植毛に付いて紹介していきたいと思います。

自毛植毛のメリット

自毛植毛をするに当たってのメリットは、ほぼ間違いなく生えてくるということです。自分の髪の毛を移植するわけですから、拒否反応もなく、ほぼ間違いなく生えてくる薄毛治療になっています。今では実際に多くの人が経験されており、実際に生えてきている過程の写真やブログなども無数にあり、自毛植毛の効果が分かるようになっています。そして一番のメリットは、その後の費用が掛からないということです。例えば、カツラを被る場合は、自分の年齢に合わせたカツラに変えていかなくてはならないし、定期的なメンテナンスが必要です。また薄毛治療薬や育毛剤でも、一ヶ月単位でお金が掛かります。しかし自毛植毛は、植えると後は何のメンテナンス費もいらないし、通院なども必要ありません。これが自毛植毛の最大のメリットになります。

自毛植毛のデメリット

自毛植毛は、自分の毛根を薄いところに植えていきます。なので結構な手術になるのです。そして毛根の採取というのは、髪の毛が長い状態では行いにくいので、ある程度の短さに剃る必要があります。M字部分だけ植えたい場合でしたら、その植える本数分の髪の毛を後頭部から採取するのですが、採取する部分は刈り上げて採取するという方法が一般的になります。しかし広範囲の植毛になると、その分植える髪の毛も多くなりますので、頭をすべて丸めるということもあり、仕事柄によってはできなかったり、髪型を変える必要が出てきます。そして植えた髪の毛は約半年くらいしないと定着しないので、生えてくるまでの時間が掛かるということがデメリットになります。

自毛植毛をしたほうがいい人、しないほうがいい人

自毛植毛は薄毛の進行パターンや年齢などによってした方がいいか、やめておいた方がいいかが決まります。例えば大幅に薄毛が進行している場合は、採取する髪の毛と植える範囲との差が広がり、植えても変な髪型になってしまうことがあります。そして若い年齢で行ってしまいますと、これからさらに薄毛が広がることもあり、例えば、前髪の植えたところは生えているのに、植えなかった部分の薄毛が進行し、植えた部分と薄毛が進行した部分が目立ってしまうようになります。なので親の薄毛の進行パターンなどを見て、自分の薄毛がどのように進行するのかを見ていくことも大切です。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日