若ハゲを解消する方法はストレス発散以外にない?

若ハゲを解消する方法はストレス発散以外にない?

40代や50代になって薄毛になるのではなく、20代や30代前半で薄毛になるのは若ハゲの可能性が高いです。年齢的にはまだまだ老化するには早すぎますから、薄毛対策次第で回復する可能性が十分残っています。具体的にどんな方法を行えばよいか見ていきましょう。

そもそも若ハゲって何で起こるの?

先天的な遺伝で若年性脱毛症になってしまう人もいますが、それ以外の要因で薄毛になる人はメンタル面が大きく影響している可能性があります。「自分の父親やおじいちゃんは別にハゲていないのに自分だけハゲてしまった…」というケースではストレス性脱毛症が考えられます。

例えば会社で腹の立つ上司や同僚がいたりすると、毎日イライラして、家に帰ってからも気が休まらないなんてことがあります。
気が休まらない状態は血管が収縮して脳のリラックス作用が働いていない状態です。
この状態は交感神経が優位になっています。

人間の神経には交感神経と副交感神経があって脳が張り詰めた状態でアクティブに行動している時、交換神経が動いています。そして気が休まって何のプレッシャーやストレスも感じていないときは副交感神経が動いています。交換神経と副交感神経はバランスよく交互に使う必要があります。

つまりストレスがたまっている状態は交感神経だけが働いてしまって、シーソーのバランスが崩れた状態になっているんです。その状態になると血管が細くなって血流の流れが悪くなります。そうなると発毛部位に該当する毛乳頭に髪を育てる栄養素がしっかり送られなくなり、薄毛になるというわけです。

ストレス解消できないときはどうすればよい?

若ハゲを解消するには、とにかくストレスの溜まらない精神状態にすること。会社のことなんて考えないで頭をリラックスさせて趣味に没頭したり、睡眠をたくさん取るなどの対策が必要です。ただ現実問題として、「次の日もまたあの上司が来ると思うとそれだけでストレスがたまる…」ということもあるでしょう。
仕事をスパッと辞めちゃえば良いのですがそうもいきませんね。

そうなると無理やりにでも血管を拡張させる作用を頭皮に与えなければいけません。そこで有効なのが育毛剤。育毛剤の成分には血管を拡張させたり、血流を良くする成分が多く入っています。育毛剤ならどれを選んでもだいたい血行促進作用があるものが入っているんですけど、個人的におすすめしたいのはチャップアップ。

いくつか育毛剤の成分を比較してみたんですが、血行促進作用があるものがとにかく多いんです!数えてみたら11成分も入っていました。他の育毛剤はせいぜい5、6種類程度なのでちょっとチャップアップは頭一つ抜けているかなという感じです。どの育毛剤を選べばよいか迷っている人は、個人的にはチャップアップがお勧めかなと思います。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日