薄毛に遺伝はどれくらい関係あるの?

薄毛に遺伝はどれくらい関係あるの?

「父親がハゲているから、いずれは俺も・・・」「兄がハゲてきた・・・やっぱり遺伝か・・・」などハゲは遺伝すると言われています。実際に親子共々薄毛の人というのはかなりいて、まったく関係ないとは言い切れません。では遺伝と若ハゲはどのくらい関係があるのでしょうか?それを紹介していきたいと思います。

若ハゲと遺伝

人の顔や、体格は両親、祖父祖母によって大き変わってきます。これは遺伝によるものです。そしてそれに伴って髪の毛の質やハゲやすさというもの遺伝します。なので自分と血が繋がっている人がハゲていたら、自分にもハゲるリスクはあるということです。特に髪の毛の遺伝は、母方の祖父から遺伝すると言われています。

その遺伝の確率は約25%と4分の1でハゲ体質が遺伝します。もしハゲていなければ、リスクは少なくなりますが、母方の親戚にハゲている人がいれば、自分も薄毛のリスクがあります。もちろん親戚一同が全員ハゲていても、まったくハゲない人もいるし、逆に自分だけハゲてしまうということもあります。遺伝だけでなく、生活習慣やストレスの掛かり具合、病気などでも薄毛になる確率は変わってきますので、「自分の親戚は誰もハゲていないから大丈夫!」とは思わずに、生活習慣、食生活には気をつけていきましょう。

ハゲ体質の遺伝とは?

髪の毛が抜けるには、男性ホルモンの主成分のテストステロンが、5α還元酵素の作用によってジヒドロテクトステロンに変換されることが原因になっています。そして若ハゲや薄毛になる人というのは、5α還元酵素に耐性があるかないかということになります。なので、遺伝によって5α還元酵素の耐性が弱い体質を遺伝してしまうと、ジヒドロテストステロンの生成量が増えてしまい、薄毛になりやすい、または薄毛になる年齢が早くなってしまいます。

遺伝によっての薄毛

自分の薄毛のなり具合やハゲてくる年齢によって、誰からの遺伝かということが分かってきます。父親と同じような薄毛のなり方なら、父親と同じような速度で薄毛になっていくでしょうし、祖父と同じような薄毛なら祖父と同じ髪型になります。これが分かれば薄毛対策のやり方も変わってきます。

てっぺんから来るのか、前から来るのか、薄毛になるパターンが読めれば、AGA 治療薬の種類も変わってきますし、自毛植毛などのやり方も変わってきます。そして昔には無かった薄毛治療や、AGAシャンプーなどもありますので、薄毛の進行も抑えていくこtができるかもしれません。遺伝だからといって諦めるのではなく、遺伝から薄毛の傾向を見つけ適切な治療をしていきましょう。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日