頭皮のかゆみの原因

頭皮のかゆみの原因

 頭皮のかゆみの原因、それは頭皮の雑菌が原因です。頭皮に雑菌が繁殖して炎症を起こすことで、その部分がかゆくなってしまうのです。逆に言えば頭皮に雑菌が繁殖するプロセスをきちんと把握することでその対策を考えることができるということです。ここでは、その理由についてご紹介していきたいと思います。

 頭皮は人間の皮膚の中でも特に弱い部位です。血が流れるということは少ないにしても、知らないうちに簡単に傷つきますので、雑菌が繁殖し炎症を起こし、かゆみを招くことになります。頭皮が傷つく原因で最も多いのはなんと「洗髪」です。自分ではきちんと洗髪しているつもりでも、実は間違ったやり方をしている場合が非常に多いこともわかっています。間違った洗髪は頭皮にとって逆効果になりますので、十分に注意が必要と言えます。(とはいえ、洗髪をしないで頭皮に皮脂が溜まっていくのも雑菌にとっては格好の餌食になってしまいますが、、、)

シャンプーによくある間違い

シャンプーの際のよくある間違いとしては以下の4つが挙げられます。
・熱めのお湯で洗髪をする
・シャンプーを直接頭皮に塗ってから泡立てる
・爪を立ててゴシゴシと洗う
・シャンプーをしっかり洗い流していない

いかがでしょうか。どれか1つにでも当てはまった方は間違えた洗髪の方法をしているのです。

熱めのお湯で洗髪をする

 熱めのお湯の方が、汚れが落ちやすいように思えますが、実は皮脂を溶かすベストな温度は38度なんです。40度を超えるようなお湯は熱すぎるので、頭皮が軽いやけど状態になってしまい、かゆみを引き起こす炎症の原因になります。確かに熱めのお湯の方が髪がぬれやすく、シャンプーも洗い流しやすいですが、注意が必要なんです。

シャンプーを直接頭皮に塗ってから泡立てる

 シャンプーの原液が直接頭皮につくと、頭皮の毛穴の奥にまで入り込み、お湯で洗い流してもきれいに流れなくなってしまいます。その後、シャンプーに含まれている刺激物質が原因で頭皮が荒れ、炎症を起こしてかゆみを引き起こしてしまうのです。シャンプーを使う時はまず手に取ってから泡立ててから髪につけるようにしてください。

爪を立ててゴシゴシと洗う

 頭皮は傷つきやすいという話をしましたが、洗髪の時に爪を立てて洗うことで頭皮が傷ついてしまいます。かゆみがあるとどうしても爪を立ててしまいますが、頭皮よりも固い爪で頭皮を掻くだけで傷ついてしまうのです。爪ではなく、指の腹で頭皮を揉みこむように洗うと頭皮を傷つけることなく余分な皮脂を浮かぶ上がらせることができます。

シャンプーをしっかり洗い流していない

 洗髪の後は、しっかりとすすぎをお願いします。シャンプーが頭皮に残っているだけで、炎症を引き起こす大きな原因になってしまいます。目安は3分、しっかりとすすぎ残しがないように洗い流してください。

 以上のように、間違ったシャンプーのやり方をしていると、かゆみを引き起こすだけではなく様々な頭皮トラブルの原因となるので特に注意が必要です。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日