頭皮の乾燥対策

頭皮の乾燥対策

頭皮や髪の毛が乾燥しすぎることは、あまり良いことではありません。乾燥してしまう主な原因としては、洗髪後に乾燥しすぎている場合が挙げられます。ドライヤーの使い過ぎなどが原因ですが、かといって自然乾燥も髪の毛にはよくないのです。
なぜかというと、キューティクルや角質が水分を吸収してしまうので、キューティクルが開いてしまったり、角質がはがれやすくなってしまいます。よって開いたキューティクルの隙間やはがれた角質の隙間から水分が蒸発してしまい、頭皮や髪の毛が過剰に乾燥してしまう原因になるのです。

おすすめの乾燥方法

  1. 一度濡らしたタオルを固く絞り、頭皮の水分を吸収してください。その際になるべくタオルで頭皮や髪の毛をこすらないようにしてください。
  2. さらにタオルを固く絞りなおして、髪の毛全体を包み、軽く押さえるようにして水分を吸収してください。
  3. 今度は乾燥したタオルを使って、頭皮の水分を吸収してください。1と同様になるべく頭皮や髪の毛をこすらないように注意しましょう。
  4. 2と同様に、髪の毛全体を包んでから軽く押さえるように水分を吸収してください。
  5. ようやくドライヤーの出番です。まずはドライヤーからの風の出口になるノズルを、はずすかスライドさせるかして大きくしてください。
  6. ドライヤーを強風もしくは大きいワット数に設定し、頭皮からある程度の距離を保ったまま、髪の毛の中に風を送り込んで頭皮を乾燥させてください。後頭部など、ドライヤーと髪の毛の距離を保てない場合は弱風もしくは小さいワット数に設定して乾燥してください。その際に、ドライヤーを持ってない方の手で髪の毛をかき分けるなどしていると、乾燥しやすいうえに、髪の毛が焼けてしまうことを未然に防止できます。
  7. 一度ドライヤーを止め、乾燥できていない部分をチェック。その後再度ドライヤーで乾燥してください。

また、ほかに乾燥の原因として考えらることは,すすぎに使用すお湯の温度です。目安として、38℃以上の温度のお湯が髪の毛や頭皮に触れますと,キューティクルが開いてしまいますし,また,角質が剥がれやすくなります。それを防止するため、まずはシャワーの設定温度を38~39℃にしましょう。ちなみにノズルから出たお湯が頭皮や髪の毛に触れるまでに1℃くらい温度が下がります。
温度設定が細かく出来ない場合は,自分の手にシャワーを当てみて、気持ち温度を感じる程度に調節してくださいね。

あと、すすぎ不足も乾燥の原因として考えられます。温度をチェックするだけでなく、シャンプー剤がちゃんと流されているかなど確認するようにしてください。もちろんシャンプー剤の使用量や使用方法も留意する必要があります。シャンプー剤に含まれている洗浄成分が頭皮や髪の毛に残ると、頭皮の場合は、角質から水分が奪われ、角質も剥がれてしまうこともあります。髪の毛の場合、キューティクルから水分が奪れ、キューティクルが開いてしまうこともあるからです。
ただし,頭皮の場合、角質全部が剥がれてしまっているわけではなく、角質上部が剥がれて角質の層が薄くなった部分から水分が蒸発しやすくなっている状態だと考えられます。(なお、この状態がひどくなると、表皮が空気の刺激を受けるようになりますので、頭皮に炎症を患ってしまう可能性が出てきます)

おすすめのシャンプー方法

  1. シャンプー剤を使用する前に、1~2分程度、頭皮と髪の毛をお湯ですすぎ洗いしてください。髪の毛が長い場合は、その部分をすすぐ時間を加えるようにしてください。
  2. シャンプー剤は、おおむね500円玉1枚程度の量(ポンプ式ボトルの場合は、ポンプを1回だけ押したときに出てくる量)を手に取り、5~10滴程度の水分を加えてよく馴染ませ、両手でよく泡立たせてから、その泡を頭皮と髪の毛に移してシャンプーしてください。(シャンプー剤の泡を移したあと、さらに泡立つこともあります)。髪の毛が長いの場合は、もう少しだけ(1円玉1枚程度)シャンプー剤を加えてもOKだと考えています。
    ただし、肩よりも長い部分については、泡をつけずに、シャンプー中はなるべく洗わないようにすることをおすすめします。
  3. すすぎについては、なるべくシャワーを使い、頭皮全体で2~3分間を目安にしてください。少し長めの方はその部分をすすぐ時間をこれに加えるようにしてください。シャワー設備がない場合やすすぎが苦手な場合は、シャンプー剤を軽く流したあと、1~2分間お風呂に潜ることで頭皮をすすぎ洗いするようにしてください。

石鹸シャンプー剤を使用している場合は、シャンプー剤の使用量は、説明書に書かれているとおりに使用するようにしてください。
また、固形やそれに近い状態のものを使用する場合は、化粧石鹸と同じ要領で泡立たせてから,その泡を移してシャンプーするようにしてください。

その後、起床の際にも髪の毛が乾燥しすぎてしまうことがありますよね。その原因はいろいろとありますが、頭皮まで乾燥しすぎてしまうとなりますと,原因として1番考えられる可能性があるのは、コラーゲン不足ではないかということです。
髪の毛が乾燥しやすい原因の1つとして、キューティクルがしっかりしていないことが挙げられますが、その原因は、コラーゲン不足です。そして、皮膚の保湿力が低下してしまうのもコラーゲン不足が原因ですので髪の毛と頭皮の両方が乾燥しすぎてしまうとなりますと。コラーゲン不足を強く疑うようにしましょう。

まとめ

結論としては、まず食事内容や食事の仕方などの留意しつつ、コラーゲンを意識して摂取するようにしてみてはいかがでしょうか。ただし,コラーゲンのサプリメントは,余程のことがない限り,お勧め出来ません。なるべく食事としてコラーゲンの摂取量を増やすようにしてみてください。
例えば,手羽先や魚の鱗(ほとんどコラーゲンの固まりといえます)などを食べるようにするとコラーゲンを摂取することが出来ます。
魚の鱗は,パリパリにしてセンベイのように食べるか,ブヨブヨになる
まで煮込んでから食べるかしなければならないと思いますので,手羽先がお手軽かもしれませんね。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日