頭皮をいたわり、髪の毛のケアをしっかりと

頭皮をいたわり、髪の毛のケアをしっかりと

マッサージで、血行をよくしましょう。

頭皮の血行障害は、毛根に必要な栄養素が運ばれなくなることにもつながります。頭皮マッサージは頭皮の血行を良くする効果はもちろん、頭皮の新陳代謝を活発にし、精神をリラックスさせる効果もありますので、ストレス解消にも役立ちます。

頭皮マッサージを行う前に、まずは準備運動として首から肩にかけてマッサージを行うことをおすすめします。心臓から頭皮に血流が流れてくる途中の首や肩の血流をよくすることで、頭皮マッサージの効果もよくなるのです。首や肩のこりをほぐしたら、次に頭皮マッサージです。

頭皮マッサージには三つの基本的な形があり、手と指の使い方によって分類されます。
・指先に力を入れながら頭皮をつかみ、弾みをつけて指を離す「圧迫法」
・こぶしを軽く握り、その側面で頭皮をたたく「叩打法」
・指で円を描くようにして頭皮をもみほぐす「揉捻法」

洗髪後のすすぎのやり方
シャンプーの成分が頭皮に残ってしまうと、頭皮トラブルの原因になるため、洗髪後のすすぎはとても重要です。シャンプーで髪や頭皮の汚れを落とすのはもちろんですが、それだけでなく洗髪後のすすぎにまできちんと気をつかうようにしましょう。目安としてはシャンプーの時間の2倍程度と言われています。特に市販のシャンプーは洗浄成分のほかにコーティング剤などの頭皮にあまりよくない成分が含まれており、これらが洗い残しで頭皮に残ってしまうと、頭皮のかゆみを引き起こしたり、頭皮の毛穴に詰まって髪の毛のトラブルにつながってしまうことがあります。

■洗髪後の乾かし方
マッサージ、シャンプー、すすぎまで来たら、せっかくなので髪の毛の乾かし方にも気を付けましょう。ここではドライヤーを使った髪や頭皮を傷めない乾かし方のコツをご紹介します。

  • コツ1.タオルドライでまんべんなく水分を取りましょう
    洗髪した後は、まずタオルを使って頭皮や髪の毛の水分を取ります。あまり激しい刺激を与えず、吸水性の高い素材や大きめのタオルを使い、地肌をマッサージするようにやさしく拭くのがコツです。髪の毛が長い人は、髪同士でこすれないように毛先をタオルで挟み込むようにしてふき取るようにしてください。タオルで大まかに水分を取っておくことで、その後のドライヤーを使う時間を短時間で済ませることができます。

  • コツ2.髪の根元から乾かす
    タオルで大まかに水分を取った後は、ドライヤーを使って手早く乾かします。その時のポイントとしては、髪の毛の根元から乾かすようにしてください。というのも、根元は毛先と比べて水分が蒸発しにくいからです。毛先は乾きやすく、同時に傷みやすいのであまりドライヤーの風を当てないようにし、ブラシや指で掻き上げることで根元に直接風を当てるようにしましょう。

  • コツ3.まんべんなく風を当てる
    ドライヤーを使うときのコツとしては、熱風を頭髪全体にまんべんなくあてるようにするということです。同じ部分ばかりにドライヤーの熱風をあててしまうと、過剰に水分を蒸発させてしまい、頭皮を傷めてしまう可能性があるためです。また、ドライヤーをあてるときは、頭から10~20センチ離すようにしましょう。

    食べるものを見直して、髪の毛のケアを

    育毛剤や育毛シャンプーなど、発毛や頭髪、頭皮のケアというと、外側から何かを塗ることを考えがちですが、実は食事の内容を変えるだけで、ずいぶん髪の毛のコンディションが変わってきます。
    それは、食事によってニキビなどの肌トラブルが改善することと同じことです。

    ただし、髪に栄養が届くのは他の体の箇所に回った最後になります。それは、髪の毛は生命維持に必要な器官ではないので、栄養補給も後回しにされてしまうからです。
    ほかの場所で使われてもしっかりと髪の毛にまで栄養を行き届くようにするには、やはり日ごろから育毛に必要な食品を積極的に取るようにしないといけません。

  • たんぱく質
    髪の毛の素となるメチオニンは必須アミノ酸ですので、食事で摂取しない限り補充されません。
    動物性:肉、魚、卵、乳製品
    植物性:大豆、納豆、豆腐

  • ビタミンB群
    身体の細胞の代謝を促進させ、毛母細胞の細胞分裂を活発にします。
    ビタミンB2:レバー、卵、大豆、乳製品、緑黄色野菜
    ビタミンB6:カツオ、マグロ、イワシ、サバ、レバー、肉類、バナナ、キャベツ、ピーナッツ、くるみ、大豆

  • 亜鉛
    毛髪の主成分はケラチンというタンパク質ですが、亜鉛が不足するとこのケラチンの合成がうまくいかず、脱毛しやすい弱い髪になってしまいます。
    動物性:肉類(牛もも肉、豚レバー)、うなぎ、いわし、魚介類(特にカキなどの貝類)
    植物性:納豆、アーモンド、高野豆腐、海草類

  • ビタミンA、C、E
    活性酸素を除去して細胞や皮脂の酸化を防ぎます。活性酸素の種類によって効き目のあるビタミンが違うので、バランス良く摂取するのがポイントです。
    ビタミンA:緑黄色野菜、レバー、うなぎ
    ビタミンC:かんきつ類、イチゴ、野菜
    ビタミンE:ナッツ類、植物油、魚介類、ごま


  • チャップアップ プランテル ブブカ
    フサフサへの第一歩の育毛剤!
    厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
    安心の30日間全額返金保証!
    通常価格
    14,800円
    通常価格
    9,800円
    通常価格
    22,680円
    定期価格
    9,090円
    定期価格
    6,980円
    定期価格
    11,664円
    保障期間
    30日
    保障期間
    30日
    保障期間
    30日