O型ハゲが発症したらどの育毛剤を使えばよい?

O型ハゲが発症したらどの育毛剤を使えばよい?

O型ハゲ専用の育毛剤があれば良いのですが、そこまで限定された育毛剤はありません。
ただO型ハゲやM字ハゲなど薄毛の部位がはっきりわかっているときは、悪性男性ホルモンが原因になっている可能性が極めて高いです。
その悪性男性ホルモンを抑える成分を含んだ育毛剤を選べば治る可能性が高まるはずです。

O型ハゲの特徴とは

男性が髪の毛が薄くなる最初の部位は頭頂部やM字部分と言われています。
これは悪性の男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が影響しています。
ジヒドロテストステロンというのは、抜け毛を助長してしまう悪い物質です。

ジヒドロテストステロンが発症してしまうのは5aリダクターゼと呼ばれる還元酵素がきっかけで生まれます。
難しい用語がちょっと飛びかって理解が難しいかもしれませんが、かいつまんで言うと男性ホルモンと悪い物質がくっつくと抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンに変化してしまうということです。

悪い物質の5aリダクターゼは頭頂部にたくさん存在します。
そのため男性ホルモンと結合し、薄毛になりやすい部位になります。頭頂部が薄くなる人が多いのはこういった理由があるわけです。

O型ハゲを改善するには

O型ハゲが発症してしまったら、5aリダクターゼと呼ばれる還元酵素の発症を防ぐことが先決です。
食生活で改善するのが難しいですから、育毛剤に含まれている成分の補給が必要になります。
還元酵素を抑える働きがあるのはフィナステリドが有名です。

男性型脱毛症に対して効果があると言われる抗アンドロゲン薬の一つです。
ただ、この成分が配合されたプロペシアは日本では簡単に手に入れることができません。AGAの治療を行ってる病院でのみ処方されていますが、安全面でちょっと不安要素もあるのでそこまで多くの人が使用しているわけではありません。

薄毛改善の最終手段として検討する分には良いですが、とりあえず誰でも始められるものでは亜鉛、アロエエキス、イソフラボン、M-034、オウゴンエキス、キャピキシル、ノコギリヤシなどが配合された育毛剤を選ぶのが無難です。
できるだけこれらの成分が多く入っている育毛剤が好ましいですね。

これらの成分が入っている育毛剤といえばブブカ、チャップアップ、フィンジアあたりが有名です。
長年の実績を考えるならブブカ、価格の安さを重視するならチャップアップ、キャピキシルが配合され、近年注目を集めている育毛剤が良いならフィンジアを選んでみてはいかがでしょうか。


チャップアップ プランテル ブブカ
フサフサへの第一歩の育毛剤!
厚生労働省認可ぐんぐん育つ!
安心の30日間全額返金保証!
通常価格
14,800円
通常価格
9,800円
通常価格
22,680円
定期価格
9,090円
定期価格
6,980円
定期価格
11,664円
保障期間
30日
保障期間
30日
保障期間
30日